2019-08-25(日) 02:58:18

秋葉原MOGRA10周年、おめでとうございます。

MOGRA10周年、おめでとうございます。

そうそうたる皆様の思い出blogを眺めながら「俺もなんか書きたいなあ」と思いつつ、逆にここで乗っかったら悪いんじゃないかと思ってやめていたところ、思いがけず店長のD-YAMAくんから「10年前の事とか書いてくださいよ!いろんな視点の話が見たいんで!」と言われたので、当時の話とか、そこからの10年の話とかを残しておこうと思います。

<そうそうたる皆様のMOGRA振り返り記事>
・ヤコーさん
https://naohiroyako.blogspot.com/2019/08/mogra10-mogra.html?m=0

・スーさん
https://note.mu/su_su_su3/n/na2ab210a42ed

・J.A.G.U.A.R.さん
https://ameblo.jp/jxaxgxuxaxr1009/entry-12510366865.html

・blook.fmのKANさん/やまだくん対談記事
https://block.fm/news/mogra10thanniversary_interview

 

■やまだくんとの出会い
やまだ(D-YAMA)くんとは、まだDJとして駆け出しもいい頃に出会いました。
2008年頃の「TOKYO OTAKU PARADISE」というイベントです。
このイベント自体はフル尺からのカットインが中心で、あまりアニソンをクラブミュージックの解釈でかけるイベントではなかったのですが、僕は当時からテクノやハウスを主軸とする方々のプレイを見て「この文脈をアニソンに落とし込みたい!」と前後の曲の関連性を気にしたり、BPMを合わせて一生懸命繋いだりということをしていたんですね。
まだCDJも1000がいいところで、僕はCD-Rに焼いた楽曲でDJをしていたこともあり、2番までかけて間奏で繋いでいた時代です。
当時からこういったマインドを持ってDJに向かうことができたことはとても幸運なことだと思っていて、その「教え」をくれた早稲田の茶箱やそこで活躍するDJさん達には本当に感謝しています。

場所は浅草stellaで、まだフロアが2つあった頃。
メイン進行ではないフロア側では好き勝手やっていいよ、と言ってもらっていたので盟友のみさきち先生を誘って2人でB2Bをしていました。
この時、たまたま主催イベント「DIGIn@tion」のフライヤーを持って遊びに来ていたのがやまだくんとyuyuさんです。(さらに言うと、彼らと一緒にいたとりでくんが最後にかけた恋愛の時空に爆上がりしてくれてて、それが会話するきっかけになりました)

上記のようなスタイルでDJをする人はまだ珍しかったからか、すぐに声をかけてもらって彼にちょこちょこDJで呼んでもらうこととなりました。

…とはいえ、DIGIn@tionに誘ってもらったときなんかは『ヲタクと一般人の融合を目指します!』と言われながらも「それは嫌ですが出ます」とか言ってたり、イベントが終わってからも「音量でかくて割れてたんですがなんとかなりませんか」みたいな事を言ってたり、何様だよっていうめんどくさい反応ばかりだったのですが、それでもいろいろ誘ってもらったやまだくんには感謝しかありません。

今だから言ってしまうと、当時のフラッグシップイベントとも言えた「DENPA!!!」がメチャクチャに苦手で、そこのレギュラーDJやお客さんが来るイベントということでやまだくん由来のイベントはそれはもう戦々恐々としておりました。
(DENPA!!!は実際遊びにもいきましたが、自分にはぜんぜんダメでした)

ただ、自分自身そんなことを言ってられるような立場でも状況でもないことは重々に承知していて、「これからDJをがんばっていくなら…!」と思い切って飛び込んでみたところ本当に貴重な経験を数えきれないほどさせて頂いて、今となっては「やってよかった」と思うことばかりです。
何も変えずに自分を出しても、一定層の方々に受け入れて頂けたことはとても自信になりました。

■MOGRA
2006年から秋葉原でSS|EXというオタク音楽イベント(DJとは限らない)をやっていたんですが、最初に開催していたdress TOKYOというハコが2008年初頭に閉店してから流浪のイベントになってました。

—-

http://ss-ex.net/
SS|EX公式サイト。なんとなく、未だにドメイン料金を払っている。

—-

当時から「秋葉原を愛するオタクのイベントだし、秋葉原以外でSS|EXの本編はちょっとなあ」というめんどくさい人間だったので、秋葉原中で音を流せる場所を探しまくったりしていたのですが、なかなかちょうどいい規模のハコは無く。
同時期に「ハチロク」シリーズという屋内レイヴイベントもやっていたのですが、こちらもいつも借りているイベントスペースが無くなって、とにかく秋葉原にDJが音が出せる場所が無い空白の時期がありました。

そんな中、突然DJ TECHNORCHさんから電話がかかってきて「秋葉原でイベントできるようになりますよ!」という連絡が来たのが一番最初にMOGRAの存在を知った瞬間です。
それから数日後、店長になるという話と共にやまだくんからオープニングパーティーのお誘いを頂きました。
それがこれ。

そりゃあ驚きましたし、うれしかったです。
二つ返事でOKして当日に臨みました。
ただ、やっぱり当時のMOGRAが持つ雰囲気というのはどことなく苦手で、結果としては下記のような話をmixiに書きなぐったりしていました。
なんだよこの上から目線!!俺、最低ですね!!

とはいえ、やっぱりやまだくんやkei。くんの人柄などもあり、また待望の秋葉原のクラブということもあって自分の持ち込みイベント「SS|EX」を開催したり、今も続く看板イベントのひとつ「ANISON MATRIX」の立ち上げなんかに関わらせてもらったりしました。
当初はなんとなく苦手さを持ちながら、加速度的に良くなっていくMOGRAのお客さんや音環境などを見て年々驚きを感じていたのが実際のところです。
数年が経った頃には、自分でも驚くほど大好きで、大切なハコになっていました。

※こぼれ話
実はあまりにもイベント会場が無かった頃、MOGRAが入居しているビルに以前入っていた秋葉原ディアステージ(移転前)にDJ機材があるという噂を聞いて、ホールレンタルができないか聞いてみようとしていた時期がありました。
イベント概要の説明も大変だしとりあえずお店に行って聞いてみるか!と思い、取り急ぎ店舗に向かってみたらリアルに炎上していました。(火災です)

こりゃ、話は聞けないなー…
と思ってその日は帰ったのですが、そのしばらく後にMOGRAが入居すると聞いて驚いたというお話。

■それから10年
2010年からRe:animationに参画し、MOGRAと行ったり来たりするような生活に入りました。
全くカラーの違う2つの場所を往復しながら、それぞれの魅力を吸収できる夢のような時期だったと思います。
それからしばらく経った後、まあいろいろあってとても双方が微妙な関係となる時期もあったわけですが、それでも以前と変わらず対応してくれるやまだくんやkei。くんをはじめとしたMOGRAのみなさんにはとても感謝しています。
(取ってつけるわけではないのですが、同時にリアニの人々にも10年前から現在まで一貫して死ぬほど感謝をしています)

特に記憶に残っているのは2013年に呼んでもらった「あきねっと」で、DJを始めたころの目標のひとつだった「いつか絶対に日本で一番デカい箱=ageHaでDJするぞ!!」という夢を達成できるチャンスであったと共に、実際死ぬほど楽しいイベントで、あの場所の一端を担うプレイヤーとさせてもらえたのは自分のDJ人生における大きな財産となりました。

■そして、今のご縁
昨年から、MOGRAのラウンジスペースを使わせて頂いて「dialog box」というイベントを開催しています。
昔から夢だったDJもトークも、そしてノウハウの共有なんかもできる場所を作りたいという夢をkei。くん中心に後推ししてもらいました。
最初は”秋葉原のどこかでやりたい”くらいの感じで考えていたのですが、MOGRAという輝かしいアイコンの下で全国へ発信していけるということにとても喜びを感じています。
ちなみに、次回は 8/29(木) です。
ご興味あればぜひ。

dialog box Vol.6 2019/08/29(Thu) 19:00~
http://dialogbox.dropouters.com/2019/07/31/dialog-box-vol-6-2019-08-29thu-1900%ef%bd%9e/

■さいごに
MOGRAと自分の10年間の話を、ということで思いつくままに記録させていただきました。
このご時世、クラブを10年続けるというのは並大抵のことではないと思います。
あの場所があり続けることで音楽を愛する全国の(そして今では世界の)あらゆるジャンルの”オタク”たちがどれだけ救われているだろうか、ということを痛烈に感じます。
今後も世界にDJの素晴らしさを伝えていくべく、あの場所にあり続けてほしいと切に願っています。

今でもだいたい年に1度くらいのペースで、あそこのブースに立たせて頂く機会を頂いています。
願わくばもうちょっとその機会が多くなると良いのですが、この10年であのブースが持つ意味やその価値は気が遠くなるほど大きいものとなっている事も同時に感じています。
あの場所に相応しいDJとなれるよう、これからも引き続き精進します。

本当に、本当に10周年おめでとうございました!

 

◎ちょっと宣伝
今後のDJ予定について。

・8/29(木) dialog box@MOGRA
http://dialogbox.dropouters.com/2019/07/31/dialog-box-vol-6-2019-08-29thu-1900%ef%bd%9e/

・9/7(土) T.B.A.

・9/29(日) 秋葉原パラダイスレイディオ@秋葉原ラジオ会館 屋上特設会場
http://aki-para.com/

あと、年内でお話を頂いているイベントが3つくらい。
今後もどこかのフロアで遊びましょう。

※10月以降、関西にも出没するのでお誘いお待ちしてます!

2019-01-13(日) 20:07:28

Re:animation13 spacetime setlist

Re:animation13、おつかれさまでした。

20190113-reani13.jpg

1年ちょっとぶりのageHa、いかがでしたでしょうか。
今までのリアニからかなり様変わりし、初めてクラブに来たなんて方も多かったんじゃないかと思っております。

実は今回から運営チームから抜けていて、DJに集中させて頂くことになっていました。
それもあり、今回はいろいろと落ち着いてプレイと向かい合うことができたなあと感じています。

プレイ時間については、事前に主催のちへさんとエンドの時間を決めて臨みました。
あの状況で35分間のプレイができたことに感謝です。
持ち時間が短くなって、内容が洗練されたかも?(本音を言えばもっとかけたい曲はたくさんあったけどw

ARENAの最後ということで、ラストにむけてどんなプレイをするかというのをフロアが決まってからずっと考えていたんですが、最初から決めていたことは「たのしく踊って帰ってもらいたいな」でした。
自分にとってのリアニは今でも「ダンスミュージックとアニメーション」だと思っているので。
うまくいったかな。

Twitterなどにある動画を見せて頂いていますが、VJもレーザーもすごかったですね!
なんか自分じゃないみたいでした。


※ヒコクくんありがとう

なにはともあれ、お聞きいただいたみなさまありがとうございました!

下記、出番のギリギリまで(もちろん出番中も)選曲した暑苦しいコメントです。

======================================
<spacetime Re:animation13 45min(⇒35min)>
01.story writer / SUPERCAR / 交響詩篇エウレカセブン
なにで始めるかはずっと悩んでいたのですが、やはりリアニなのでこの曲で始めることにしました。
以前作ってあったものなのですが、イントロ部分にリアニ7で頂いたドナ・バークさんの声を差し込んでいます。

02.LAYon-theLINE / D-selections / 賭ケグルイ
この曲、すごくageHaっぽいですよね。照明も相まって。

03.少女交響曲 / Wake Up, Girls! / Wake Up, Girls!劇場版
WUGのライブから回してくる!なんて声をいくつか見かけたので。
すごい好きなんですこの曲。

04.クレイジークレイジー (M@STER VERSION) / 一ノ瀬志希、宮本フレデリカ / アイドルマスターシンデレラガールズ
ageHaのARENAで絶対聞きたいでしょこれは!!!!!
という。

05.LAY YOUR HANDS ON ME / BOOM BOOM SATELLITES / キズナイーバー
これも絶対にARENAでかけたかった曲。

06.Deep in Abyss / リコ&レグ / メイドインアビス
ずっと機会を逃していたメイドインアビスをこの年末年始に見たんですよ。
歌詞が今のリアニっぽいというか。

07.Give a reason / 林原めぐみ / スレイヤーズ!NEXT
08.Just Communication / TWO-MIX / 新機動戦記ガンダムW
今となっては15年以上前となった90年代。
でもやっぱり、自分がやるからにはあの輝いた時代を持っていきたい。
そんな思いで選んだ2曲。

09.ノーザンクロス / シェリル・ノーム / マクロスF
やっぱりこのイベントでシェリルさんは外せないわけなんですよ。

10.TRY UNITE! -Extended Version- / 中島愛 / 輪廻のラグランジェ
シェリルさんからはやはり中島愛さんということで。
ラスマス・フェイバーさんの曲はどれもメチャクチャ好きです。

11.naru / ラックライフ / ツルネ
曲がいいのはもちろんなんですが、ステージ袖でずっとがんばってたぶーちゃんが最近ツルネにメチャクチャはまっていたので。
ちなみに彼のMC、ライブアクトさん達にすごく好評だったらしいですw

12.hectopascal / 小糸 侑、七海燈子 / やがて君になる
12月のアニNEXTで聞いて衝撃を受けた曲。
このアニメも年末年始に一気に視聴しました。

13.風の辿り着く場所 / 彩菜 / Kanon
10年くらい前、wirelessというイベントの最終回にオーガナイザーのyukiさんがクラブミュージックの流れからこの曲に繋いだ瞬間が最高にハッピーだったという記憶があるんですね。
だからこの曲を終盤にかけて、あの感じを思い出したかったというか。

14.ブルー・フィールド / Trident / 蒼き鋼のアルペジオ
これはもう、かけなきゃねっていう。
Tridentは最高。

15.アマテラス (M@STER VERSION) / 萩原雪歩、三浦あずさ、四条貴音、秋月律子 / アイドルマスター
一昨年かな?アイマスのイベントに呼んでいただいた時に、一緒にプレイした河上小鉄(律子P)という元同居人に教えてもらった曲。
あまりのハッピーさに涙が出そうっていう。
アイドルマスターがまだアーケードしか無かった頃、初期のライブで行ったのがSTUDIO COAST(ageHaの昼形態)だったんですよね。

16.シュガーソングとビターステップ / UNISON SQUARE GARDEN / 血界戦線
最後ですもの。やっぱりね。

17.恋愛の時空 / 折笠愛 / 天地無用!
今回は『恋愛の時空をageHaのARENAでどうやってかけるか』というところが最大のテーマでした。
いつもは最初か最後にかけているんですが、それだけでなく楽曲の良さを最大に引き出しながら記憶に残るシーンを演出するにはどうしたらいいか?みたいな。
ARENAに響く折笠愛さんの歌声、最高でした。

18.You Only Live Once / YURI!!! on ICE Feat. .w.hatano / YURI!!! on ICE
この曲をかけたらどんな絵になるのか、というのがすごく想像しやすくて。
その想像が最高のものであれば、悩む余地はありませんよね。

19.DAYS ~EUREKA OPENING MIX~ / FLOW / 交響詩篇エウレカセブン
リアニメーションは、僕にとっていまでもエウレカセブンのファンイベント『GEKKO NIGHT』が原体験だと思っています。
もちろん今はテーマがまったく異なりますが、あの体験を今に伝え続けられたらと。

20.Komm,su[:]sser Tod ~甘き死よ,来たれ / Arianne / The End of Evangelion
アニメが好きな、僕達らしい終わり方として。
======================================

ありがとうございました!!

<今後の出演予定>
・dialog box Vol.3
2019/01/16(水) 19:00~
秋葉原MOGRA(ラウンジ)
http://dialogbox.dropouters.com/2018/12/20/dialog-box-vol3-2019-01-16wed-1900%EF%BD%9E/

・Anibeats(高知)
2019.01.19(土) 21:00~
高知ロワイヤル
http://www.anibeats.net/

[カテゴリ:DJ] - [コメント:0]
2018-12-28(金) 20:38:54

2018年 DJ履歴

20181228-logo2018.jpg

こんばんは、spacetimeです。

2018年もあっという間。

今年はとにかく仕事がアレだったのですが、そんな中でも多くのイベントから声をかけて頂くことができました。
本当にありがたい限りです。

また、とにかく仕事にしろDJにしろ自分について考えることが多い1年で、今までの自分はなんだったのかとか、これからの自分はどうしていくべきかとか、そんな事ばっかり考えていたような気がします。
結局悩んでてもしょうがないので行動しようと今年の後半ぐらいから意識を変えて外に出て、アレコレ模索しているうちに2018年が終わっていきました。
せめて平成が終わる前には何かしらのものを確信できたらなあと…

自分の中での特に大きなトピックとしては、久しぶりにオーガナイズするイベント「dialog box」を始めたことでしょうか。
ずっと前からやりたかったことの集大成のようなイベントなので、できるだけ長く続けていけたらと思います。
(次回は 2019/01/16(水) です!!)

と、いうわけで恒例の振り返り記事です。
今年は19本のイベントにお呼びいただきました。

——————————————
<spacetime DJ History – 2018>
1/13 Juke Vox – 早稲田 茶箱
1/21 アニソンCLUB NEXT!! – 町田CRAGE
3/2 おーばーさんじゅう – 川崎 月あかり夢てらす
3/10 仙台BBSW – 仙台 ARK
3/24 A-Crash!! – 広島
4/7 神回ツアター – 中野 雷神
6/24 UDX LifeGURD – 秋葉原 UDX前広場
7/14-15 Re:animation12 – 山梨 上野原河川敷
7/28 Re:animation EX – 秋葉原エンタス
8/9 夏の宴 – 新木場 ageHa
8/29 dialog box Vol.1 – 秋葉原 MOGRA
9/1 Home,Sweet Home Vol.1 – 高円寺 大蔵
10/7 Knight of Round 5th aniv. – 渋谷asia
10/24 dialog box Vol.2 – 秋葉原 MOGRA
11/2 ROOTS A GO-GO! – 渋谷 OTO
11/4 Home,Sweet Home Vol.3 – 高円寺 大蔵
11/24 げんちょうけん – 池袋 バナナボンゴ
12/1 Pandora Box – 早稲田 茶箱
12/16 アニソンCLUB NEXT!! – 町田CRAGE
12/27 アニソンオールディーズ – 秋葉原 MOGRA
——————————————

昨年ぐらいから声優楽曲イベントが盛り上がってきていることに伴い、その方面のオファーが多かったような気がします。
各所のイベントに触発されてか、意識して声優さんのアルバムを掘るようにもなりました。
声優楽曲DJ、ほんと楽しいですね。

アニメも相変わらずゆるゆると視聴してます。
あえてアレコレと作品名は言いませんが、今年も面白い作品がたくさんありました。
来年も、作品を吸収してフロアに伝えられるDJでいられるようがんばります。

そして、2019年のスタートはなんと新木場ageHaのアリーナ。

『Re:animation 13 in ageHa』
2019.1.12(sat) 23:00-
新木場ageHa

http://r.reanimation.jp/r13/

さて、なにやろうかな。

みなさま、来年もよろしくお願いいたします。

<これまでのDJ記録>
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年

[カテゴリ:DJ] - [コメント:0]
2018-07-22(日) 16:22:59

Re:animation12 in Uenohara

Re:animation12 in Uenohara、おつかれさまでした。

20180722-r12.jpg

いつも長々と書いているんですが、今回はもうなんか本当に色々あってとんでもなく大変だった記憶が強く、記憶も曖昧なまま駆け抜けた3日間(準備日含む)でした。
次にやるときは、もうちょっと落ち着いてやれたらいいですね。
みなさま、酷暑の中おつかれさまでした。
そしてご来場頂いたみなさま、ありがとうございました。

Twitterには貼っておいたのですが、セットリストを掲載しておきます。
とりあえずね、あの景色の中で夕方ぐらいに みちしるべ をかけたかったんですよ。

20180722-setlist.jpg

ではまた。

[カテゴリ:DJ] - [コメント:0]
2018-05-19(土) 19:00:00

実家の片付けLog

こんばんは、spacetimeです。

あんまり更新しないblogですが、ちょっと今回の事は色々と残しておこうと思い久々に更新します。

年始ぐらいから先週まで、ずっと実家の建て替えに伴い毎週末どちらかの休日に実家に通うという生活をしていました。
記憶によれば実家は50年を超える平屋の木造なのですが、ただでさえ古い建物に増築を繰り返していたので隙間なども多く、雑木林が近いせいか害虫・害獣による被害なんかも色々と出ていたそうです。
そこにトドメとばかりに昨年の度重なる台風で家の各所から雨漏りが発生したとのことで、今回の建て替えに踏み切った…という流れ。
ありがたいことに僕の両親は健在なのですが、2年ぐらい前から父が体調を崩してあまり身体が動かない状態だったため、力仕事を中心に部屋の片付けや引っ越しのサポートを…というのがメインの用事でした。

また、仮住まいへの引っ越しや新居の間取りを考慮すると現在よりも置けるものが少なくなるので、自分が実家に住んでいた20年間分の物品整理や片付けを行わなければならないというのも重要なタスクでした。
僕自身は90年代前半ぐらいからアニメ・マンガ・ゲーム・声優・PCあたりの趣味があったので、ほとんどはその物品の整理です。
正直、雨漏りもあってだいぶ状態が悪かったので思い切って廃棄したものも多くありました。

実家整理に伴って発掘した面白そうなものは適宜TwitterにUPしていたので、下記のモーメントにまとめています。

モーメントにもありますが、とにかく天地無用!に関するアイテムが本当に多かった。
また、エルハザードに関する物品もいろいろとあったのですがメディア展開の差なのか、天地無用ほどの物量はありませんでした。
どちらも本当に好きだったなあ。

■本
ほとんどコミックです。
最も場所と重量を必要としていたものがこれでした。
いま考えると王道なものが多く、保持しておく価値よりも保存コストのほうが高くつくと思ったので8割ぐらい処分しました。
必要になったら買い戻したり、電子書籍を探したりすればいいや、と思えたのも大きいです。
本棚もほとんど粗大ゴミで処分してもらいました。

本は最終的に20箱分ぐらい、すべてブックオフで処分しました。
9割コミック、1割その他という感じで合計3000~4000円ぐらいだったと記憶しています。
前述の雨漏りで状態が良くないものも多く、値段のつかないものも多かったのですが、それでも引取拒否ということはなく、入れていたダンボールまで全て引き取ってもらえるので「とにかく車で持参した時点ですべての手離れが確定する」というのが何より素晴らしいです。
紙ゴミで捨てるより精神的障壁が低いのもいい。

買取価格の傾向ですが、とにかくコミックは古いせいもあってか二束三文でした。
持参するコストを考えると、タダで引き取ってもらったなあという程度。
逆に、家に転がっていたので一緒に持参していた実用書や啓発本、経営の本、デザイン本、枯れていない技術書などは比較的値段のつく物が多く、そういったもののほうがニーズがあるんだなあと感じた次第です。

本を処分することについてブックオフはとても助かるのですが、無尽蔵に本を買い取るこのビジネスがいつまで持つのかなあ…という心配もあるので、本の処分を検討されている方はお早めに対応したほうがいいんじゃないかとは大量の本を売却しながら思いました。

■ゲーム
こちらも家に置いてあった自分のものはほとんど処分しました。
本同様、保持しておく価値よりもすべて処分して必要になったら買い戻したほうが保存コストの面も考えると安いだろうという判断です。
今はバーチャルコンソールやプレイステーションストアなどで過去のゲームを手軽に入手できるという事も売却の後押しになりました。

とはいえゲームも全体的に状態が悪い。
FC、ディスクシステム、GB、SFC、N64、PS複数台、サターン、その他周辺機器、そして各種ソフト100本程度など多数の物品がありましたが、いずれも中途半端にしか物品が揃っていないような状態でした。

また、ゲームではないのですが一番困ったのは みさきち先生からはるか昔に借りていたブラウン管モニタ「プロフィールプロ」で、一応映りはするんだけどいかんせん古いので状態が良いわけでもなく、いまさらお返しするのもしのびなかったので、みさきち先生と会話した結果こちらで処分することになりました。処分費はいままでお借りしていたお礼ということで…
とはいえ55kgの大物、しかもどこで処分したらいいのかよくわからない物品だったのでネットで色々と調べてみたのですが、プロフィールプロは入力の豊富さからアーケード基盤との相性がよく、そういった市場で売れるかもしれないということでレトロゲームショップを中心に売却先を探ってみました。
(ヤフオクという選択肢もありましたが、取引が面倒だったのでパス)

結果としては、秋葉原にも店舗を構えるBEEPさんの過去ブログに買取実績があるのを発見し、上記に記載されている雑多なゲームと共に売却することにしました。
あらかじめ内容についてお伝えしたところ、値段が付くかどうかが見えないので出張買取は不可とのことでしたが秋葉原店まで持参すれば買い取りはしてくれるということだったので、予め入念に連絡を入れた上で車で持ち込むことに。
プロフィールプロは買取不可でも4000円で引き取ることは可能、というのが決め手でした。

日曜の夕方ぐらいに物品を持ち込み、査定結果は翌日とのことでそのまま全ての物品をダンボール付きで置いてくることができました。
ブックオフ同様、ほんとにありがたい。

査定結果ですが、結局プロフィールプロは状態の悪さから買い取り不可で引取扱い…だったのですが、ゲーム部分に思いのほか金額がついて処分費を捻出することができました。
傾向としては、とにかくシューティングのソフト、特にPCエンジンのものは驚くような高額査定。
逆にそれ以外のソフトは「5本で50円」、本体や専コンの類いも「まとめて1000円」という感じでほとんどまともな値段は付いていません。
この辺は、正直そんなもんだろうなあという予想どおりでした。

■マジック:ザ・ギャザリング
一時期ハマっていて、レアリティ問わず色々なカードを持っていました。
時代的には第5版、ミラージュ・テンペストブロックあたり。
ざっくり2~3000枚?ぐらいあり、処分も考えたのですが状態も良くない事に加え、整理して箱に入れたら意外とスッキリしたのでとりあえず手元に置いておくことにしました。
なお、買い取りするなら手がかからなそうなのでトレトクかなあとは考えていました。

■同人誌
最終的にどうにもならなかったものがコレです。
コミケに通ってそろそろ25年、本格的に本を買い始めてから20年ぐらいになるのですが、1度のコミケであまり本を買わない自分でも、さすがにこれだけ年数を経るとその数も膨大になってくるわけで、対応に困りました。
だいたい1000冊ぐらい?

同人誌はほとんど買い戻しが効かないので売却する意欲もあまり沸かず、とりあえずキープしておくほか無いよなあというのが今のところです。
B4とA4が入る本棚をそれぞれ用意してひたすら詰め込み。
コミケカタログなんかは、幅もあるのでさらに困りモノ。

■ビデオテープ/カセットテープ
中学~高校ぐらいの頃、お金が無くてアニメやらCDやらをダビングしていたものが主です。
この辺はほとんど大人になってからCD、DVD、BDなどで買い直していたこともあり、8割がた廃棄しました。
(余談ですが、S-VHSの標準で録画したアニメは当時としてはホントにキレイだった)

とってあるのは間のCMに価値がありそうなビデオテープ、90年代ラジオが入っていそうなカセットテープ、アニメイトカセットコレクション(超重要)や雑誌特典系のカセットなどぐらいです。
このへん、そのうちデジタル化したい…

■PC98
自宅で最後に使っていたPC9821 Ap3。
いま何ができるというわけではないのですが、これもとっておくことにしました。
キーボードとマウスはありますが、ディスプレイはありません。

95年前後のパソコン通信時代のログが大量に外付けSCSIのHDDに入っており、これの回収方法が無く呆然としていたのですが、たまたま NackyさんからWin98の入ったPC98、しかもD-sub、LAN、SCSIボード付きという神のようなマシンをお借りできたので、近日中に吸出しチャレンジを実施したいところです。
ほんと、データは常に新しい規格に乗せて保持することが大事ですね…

でも、パソコン通信時代のログとか今の自分が見たら発狂しそう。
きっとナチュラルに「木亥 火暴」とか書いてると思うんですよ。

■その他
上記のほかにもレガシーなPC機器、ウォークマン、過去のAMショーやAOUショーでもらったカタログなどを中心に大量の物品が発掘されました。
…が、だいたい捨てました。
昨年末に自分も引っ越しをしていたせいか、「捨てる感覚」が見についていたのが良かったのかも。

…とはいいつつ、まだまだモノはいろいろあるんですよね…
一応実家の引っ越しは終わったので、実家の建て替えが終わったらゆっくりやろう…

そんな実家は、近日中に取り壊され、工事が始まるようです。
大変お世話になりました。

今回、片付けたり物を捨てたりしてて思ったのですが、捨てるためには保存コストを意識すること、再入手性を検討すること、捨てるための精神的障壁を下げること(めんどくさくない、お金がかからない、手離れがいい)などを考慮したら、捨てられない自分でも意外といろいろ捨てることができました。
特に保存に対してコストを考慮するということは昔の自分にはできなかったので、ある種オトナになったということなのかもしれません。

実家の片付けも一段落して、さあDJだ!
といきたいところですが、今月~来月ぐらいは主に仕事に忙殺されていそうな予感がします。
7月後半ぐらいから少し変わった平日イベントをやりたいなあ、なんてことも考えておりますので、もし何か始める際にはよろしくお願いいたします。
次のイベントは、7月のリアニ12になるかも。

※忙しい時期でもできるだけがんばりますので、DJのご用命があればいつでもどうぞ!!!!

[カテゴリ:雑記。] - [コメント:0]
2017-12-31(日) 20:14:39

2017年 DJ履歴

20171231-2017end.jpg

こんばんは、spacetimeです。
「じくうさん?」「スペースタイムさん?」と聞かれる機会も多くなってきたので、そろそろなんとかしないとなあと思いながら特にこれといった解決策が見つかりません。
きっとこのまま行くのでしょう。

さて、2017年もあとわずかとなりました。
年の瀬おなじみのコミックマーケットもつつがなく終了したので、毎年恒例の今年お世話になったイベント振り返りblogです。

今年は仕事の都合もあり、あまり身動きがとれなかったのですがそれでもたくさんのイベントからお声がけをいただきました。
本当にありがとうございます。

本数をカウントしたところ、どうやら21本だった模様です。
こちら例年通りの本数、といった具合で各イベントのオーガナイザーのみなさま、それぞれのフロアでお会いしたみなさまには本当に感謝しかありません。
今後も 2本/月 ぐらいのペースでやっていけたらなあと思っております。

<spacetime DJ History – 2017>
1/8 懐古しちゃうぞ – 熊本 とらい☆あんぐる
年初は熊本にいたので、山口県でとてもお世話になっているジョージさんが開催している「懐古しちゃうぞ」の熊本回にお呼び頂きました。
手慣れた90年代楽曲中心だったので、とても楽しくプレイできたと共に猫吉さんのアナログオンリープレイにめっちゃ衝撃を受けた1日でした…
翌日の文龍もおいしかったです。

1/22 Re:animation Extreme 01 – 渋谷 Space Odd
若手公募回。
イベント当日よりも公募の記憶が強く、自分のDJもそちらに寄ったものとなりました。
意図せず各項目の平均を5点に置いたため、異様に採点が厳しい人になってしまいましたが評価の中身はきっと他の人と変わらないですから!!ほんとですよ!!

2/18 ヲタライズ – 山口県周南市LIVE rise SHUNAN
ありがたいことに広島~山口のみなさまにはお世話になりっぱなしで、2月には初の周南市にお呼び頂きました。
イイ人たちとイイ話がたくさんできたなあ。
またきっと遊びに行きますのでよろしくお願いします!!

3/19 声優レアグルーヴ 3rd anniversary – 渋谷 OTO
ずっと気になっていた声優レアグルーヴさんにお呼び頂き、本当に嬉しかった記憶が強いです。
古い曲中心で!ということで、90年代声優さん中心のセットでお送りしましたがとても楽しかったです。
まさかここでのお話が、年末の奇跡につながるとは夢にも思っていないのでした…

4/2 ねりま光が丘POPカルチャーフェスタ2017 – 光が丘公園
お花見回!
ということで、アキコスさんのコスからいくつか曲をかけさせて頂いた後はまったり踊れるセットでプレイさせて頂きました。
…が、一般公衆の場ということでまあなんというかこう、元気な人に囲まれて死んだ魚のような目をして曲をかけている時間もありました…
ですが、最後にはうまく軌道修正して桜の花の下で恋愛の時空をかけられたので、最高でした。

4/15 Re:animation Extreme 02 – 渋谷 Space Odd
緒方恵美さんがゲスト、という驚くべきイベントでしたね。
自分はトリを任されていたのですが、もうちょっとがんばれたかな…という少し悔いの残る内容となり、まだまだ精進が必要だなあと痛感したイベントでもありました。

4/29 アニキット – 渋谷トウセンビル
渋谷のビル1棟まるまるジャックという男前イベント。
バタバタしたシーンもありましたが、ご来場者も多く非常に盛り上がりましたね。
僕は懐かし楽曲フロアでいつもの90年代セットをお送りさせて頂きましたが、おたっきぃ佐々木さんの乱入などもあり非常に楽しかったですw

5/13 秋葉原パラダイスガレージ – 商場(秋葉原JR高架下)
今年、久々に1本だけ、共同でイベントを主催させて頂きました。
4月末に突然存在を知り、翌日に飛び込みで開催をお願いして驚くべきトントン拍子に開催にこぎ着けたイベント。
場所も念願の秋葉原屋外(高架下!!)ということで、非常にテンションが上っていました。

…ですが、問題はここから。
3週間という準備期間、音量の問題、費用の問題、当日の豪雨など様々な困難が降り掛かってきました。
でも、人間やる気になればなんでもできるもんですね!!
音量については非常に申し訳ないことになってしまいましたが、フロアの皆様、商場の関係者のみなさまのおかげで非常に楽しい、記憶に残るイベントとなりましたね。
再度、あの空間でイベントを開くことは難しいかと思いますが、これからも「秋葉原」という土地を諦めずにがんばっていきますのでよろしくお願い致します。
いい場所あったら教えてね!!!

6/13 割烹林原SP – 中野 雷神
どーーーーーーーしてもいきたかったんです。
林原めぐみさんのライブ。
でも、チケットは手に入りませんでした。
だからこそ、このイベントに思いの全てを賭けて、同じ志のみなさまと楽しめたことは最高の思い出になったんです。

6/17 浅友- 浅草 Stella
リアニのステージ班にてお世話になっているHALさんにお誘い頂いたステージ班回。
久々にステラのフードも食べることができて嬉しかったです。
あと、リアニを通じてあまり繋がりのなかったStellaの音ゲーイベントとアニクラが少しだけ繋がったのが嬉しかったですね。

7/1 Re:animation 10 – お台場 潮風公園
10回目のRe:animation。
ついに、都市を離れお台場の潮風公園へ。
いろんなことがありました。
どうなるか、全然わかりませんでした。

でも、楽しかったですね。
今後のリアニにおける、ひとつの回答を見たような気がします。

これからもきっと悩みながらひとつひとつのイベントに向き合っていくと思うのですが、イベントへの敬意を忘れず、でも自分自身のこだわりをしっかり持って、がんばっていこう!と思いました。

7/8 FULLGAUGE & GROOVERADER – 六本木CUBE
めっちゃ早い段階でオファーを頂いてたんです。
FULLGAUGE。
ようやく出演できて、なによりでした。
あと、何より嬉しかったのは久々にとりでくんと一緒だったことですかね!!
昔話含め、とても楽しいイベントでした。

7/17 around90s – 新宿Azito
イベントの趣旨より、かっぺさんから激推しを頂いてお呼び頂きました。
「やべえ…俺、八反安未果のSHOOTING STARもってねえ…」と思いながら過ごす時間はなかなか味わえない感覚だったなあ。
実は、この日いちばん衝撃を受けたのは乙女のポリシーの映像に併せて歩いたり走ったり立ち止まったりする「乙女のポリシー芸」でした…
あれはすごかった…

7/22 Ready2BEAT!! Vol2 – 渋谷 LUSH/渋谷HOME
昨年の第1回から引き続きお呼び頂きました。
音ゲーの場合は古いのばかりになるのですが、ありがたいことです。
好きな曲かけ倒して最後はBさんにブン投げるという最高の1日でした!!

8/10 ラジ館フェス – 秋葉原 ゲーマーズイベントスペース
ラジオ会館の屋上でイベント!!!
という衝撃イベントだったのですが、あいにくの雨天。
そこで代わりの会場となったのが、なんと秋葉原ゲーマーズのイベントスペース。
これはこれですごい。

9/9 リズアニVol.14 – 秋葉原 MOGRA
なんと1年半ぶりぐらいのMOGRAでした。
最近はなかなかMOGRAで回す機会が無く、自分自身もっと精進しないとなあと思っていたので非常に嬉しかったです。
リズアニも懐の深いイベントで、かなりなんでもかけられるので自分の深めな部分を押し出して楽しくプレイすることができました。
ありがとうございます。

9/18 DANCE MASTER33 – 中野 Heavy Sick Zero
アイマスのイベントに出てください!!
という話を頂いたのですが、確かにすごい好きだけどオンリーのイベントに最前線の皆さんには程遠い自分が上がっていいステージなのか悩んだ末に元同居人だった園長を連れ出し、住んでたアパートの名前から「NO REASON」というユニットを組んで出演しました。
久々にアイマスの曲をたくさん聞いたのですが、いい曲に数多く出会うことができました。
今後はもっと各ゲーム中心アイドルの曲を掘っていこうと思います…

10/17 こすのんVol.82 – 青山 fai
ずっとお話をさせて頂いたものの、なかなか機会の無かったこすのんにようやくお呼び頂くことができました。
スーパー昔なじみのbakerさんも一緒ということで、非常にやりやすい空気でプレイできたなあ。
コスプレ中心のイベントなので、出来る限りコスプレを拾っていくということを心がけたのですが非常に良い経験になりました。
まつりさんりんこさんに、少しでもaki-bugのお礼ができたのが何より嬉しかったです!

11/3 アニメ山 – おおばキャンプ村
去年まで、行くことはできなかったのですがメチャクチャ気になっていたんです。
そしたら今年、なか卯くんからお誘いを頂いて。
もうほんと嬉しかったなあ。
月齢カレンダーを見て満月に併せた選曲をするなど、とにかく環境優先で雰囲気作りに努めた内容でした。
夢に見たアニメ山は想像以上に素晴らしい環境で、数々プレイさせて頂いた屋外イベントの中でも特に輝かしい思い出になりました。
スタッフのみなさま、ありがとうございました!!

11/22 Re:animation11 – 新木場 ageHa
過去最短期間でのリアニ、それもageHa。
そして、いつかやりたかったwater。
事前の期待はMAXでした。
…が、あいにくの豪雨。
イベント自体は素晴らしい内容となりましたが、自分自身には課題と悔しさが残ったイベントとなってしまいました。

過去、ageHaには3度出演させて頂いているのですが、すべて雨。
次の機会があれば、その時こそは晴れたwaterを見たい!!

12/3 声優レアグルーヴVol.14 – 渋谷OTO
1年の終わりにやってきた、とんでもない奇跡。
天地無用!魎皇鬼や神秘の世界エルハザードをはじめ、数々のアニメ劇伴を作曲され、数え切れないほどのアーティストにすばらしい楽曲を提供され、そして僕がいつも自身のアイコンとしている楽曲「恋愛の時空」の編曲を行われた長岡成貢さんがトークゲスト。
そんな素晴らしいイベントに、長岡成貢さん限定SETでお呼び頂きました。
長いこと同じアニメを追いかけ、DJをやって、ずっと信念を持って続けているとこういう機会もあるのだなあと感動するばかり。
トークの内容はどれも素晴らしい内容で、またご本人にずっと長岡成貢さんの楽曲でDJをさせて頂いていることをお伝えできたことが、自分にとってとても歴史的な一歩になったと感じています。
天地無用ファンのみなさまから、スタンドフラワーも頂き驚きっぱなしの1日でした。
関係者のみなさま、ほんとうにありがとうございました。

例年通り、あまり同じ場所でプレイすることなく流浪の民となっておりますが今年も刺激的な機会をたくさん頂くことができました。
これはあまり定住することなくフラフラしているなあと思う反面、嬉しいことでもあるのかもしれません。

こうして今年のイベントを振り返ってみましたが、来年に繋がる素晴らしい機会をたくさん頂いたような気がします。
今後も「アニメを語るDJ」としてまだまだがんばっていこうと思いますので、来年も引き続きよろしくお願い致します!!
お声がけは是非、お気軽に!
⇒ spacetime(at)m(dot)dropouters(dot)com まで

<2018 出演予定>
2018/01/13(土)Juke Vox Vol.3
http://twvt.me/Juke_Vox_03

(to be announced)
2018/01/xx
2018/03/xx

[カテゴリ:DJ] - [コメント:0]
2017-11-23(木) 19:03:52

Re:animation11 spacetime setlist

Re:animation11 in ageHa、おつかれさまでした。

20171123-water.JPG

日本最大の箱、ということでどうなることかと思っていたのですが、あいにくの雨にも関わらず多数の方にご来場頂きました。
本当にありがとうございます。
どのフロアも最高の盛り上がりでした。

そんな中、自分は念願のWATER…だったのですが、見事な大雨。
過去3回のageHa経験、すべて雨です。
俺か。俺のせいなのか。

というわけで、フロアは本当に気合の入った方(もうほんと、ありがとうございました…)だけがいらっしゃるというなかなか特殊な状況の中だったわけですが、やりたいことは一通りやれたのかな…というところです。
正直に言うと、もうちょっと時間が欲しかったぐらいw
今回は、雨ということも会っていつも以上にイベント中やDJ中にアレコレ考えながら選曲していました。
あれもこれも、と取り込んだ割にはある程度まとまった内容になってホッとしています。

みんなプール側まで飛び出してくるようなプレイを!と思っていましたがやはり天候にはなかなか勝てず…
より精進しようと心に誓ったのでした。

以下、セットリストです!

Re:animation11 spacetime [50min]
01.SPLASH FREE / STYLE FIVE / Free
ほら、プールなので。

02.嵐の中で輝いて / 米倉千尋 / 機動戦士ガンダム第08MS小隊
ほら、嵐なので。

03.Just Communication / TWO-MIX / 新機動戦記ガンダムW
ほら、雨に打たれながらなので。

04.Magic of love / TOo’s / 魔法陣グルグル(第1期)
未だにこの曲にはいつも助けられます。

05.流星ダンスフロア / ORESAMA / 魔法陣グルグル(2017年版)
今やってるグルグルも本当に面白いですよね!
「ぼくらはパーティさ!!」

06.CRAZY NOISY BIZARRE TOWN / THE DU / ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
この曲もいつも使ってる気がします。
こういう曲にほんと弱い。

07.だから僕は僕を手放す / WEAVER / サクラダリセット
最近の曲でぶっちぎりで好きなので!
あとサクラダリセット超面白かったので!

08.Black or White? / ミス・モノクローム / ミス・モノクローム
WATERっぽく4つ打ちの流れに持っていきたくて

09.Red fraction(G.M.S. remix) / MELL / BLACK LAGOON
まあ、WATERだしコレだよな!!ですよね!!感で。

10.only my railgun / fripSide / とある科学の超電磁砲
雨だけどみんながんばって!!という気合を込めて。

11.stone cold / FictionJunction / セイクリッドセブン
雨だからこそみんながんばって!!という思念を込めて。
いや、セイクリッドセブンまじで面白かったですから!

12.LAYon-theLINE / D-selections / 賭ケグルイ
あのウォーターの照明がめっちゃこの作品のEDっぽかったので。

13.The Other Side of the Wall / Void_Chords Feat. MARU / プリンセスプリンシパル
プリンセスプリンシパル、すごい作品だったなあ。

14.STORYWRITER / SUPERCAR / 交響詩篇エウレカセブン
リアニっぽさ出していこうと。

15.サタデー・ナイト・クエスチョン / 中島愛 / ネト充のススメ
ネト充のススメ、超面白いんですよマジで!!

16.ユニバーサル・バニー / シェリル・ノーム starring May’n / マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~
17.射手座午後9時DontBeLate / シェリル・ノーム / マクロスF

シェリル・ノーム様、お誕生日おめでとうございます。

18.破滅の純情 / ワルキューレ / マクロス⊿
マクロス流れで。
この曲といけないボーダーラインは本当に好き。

19.Dear answer / TRUE / 櫻子さんの足下には死体が埋まっている
TRUEさんは毎回なにか入れていきたい!

20.ヘミソフィア / 坂本真綾 / ラーゼフォン
ここでリアニ10でかけようと思って全話見たのにかけられなかったラーゼフォンです。

21.ORIGA – Inner Universe / 菅野よう子 / 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
ヘミソフィアからの流れで。
これもかけてそうでかけてなかった。

22.鏡面の波 / YURiKA / 宝石の国
CD発売が待ち遠しいのですが、間に合わなかったので配信版を購入しました。
とにかく、今回はWATERでこの曲をどうやってかけるかをずっと考えていた気がします。
あいにくの雨でしたが、逆に雰囲気が出たような気はしています。

23.RPG / School Food Punishment / C
School Food Punishmentは最高ですよね!!

24.名前のない怪物 / EGOIST / PSYCHO-PASS
WATERでどうしてもドラムンやりたかったんです。
完全に、あきねっとでのラストラさんの影響なのですが…

25.Borderland / 川田まみ / ヨルムンガンド
アニソンXドラムンの代名詞!!

26.Serendipity / ZAQ / フリップフラッパーズ
流れを考えつつ、明るめの方向にしたかったので。
この曲も本当に好きです。

27.Sparkling Daydream / ZAQ / 中二病でも恋がしたい!
夢ならー!!たくさん見たーーー!!

28.W:Wonder tale / 田村ゆかり / 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
なんだか急にかけたくなったので、俺修羅を3日ぐらいで全話見たんですよ実は。

29.MOON SIGNAL / sphere / おとめ妖怪ざくろ
月、出てなかったんだけどね!!
本当は、リアニ主催激推しのつうかあOPから入れたかったのですが時間が無かった…

30.オリオンをなぞる / UNISON SQUARE GARDEN / TIGER & BUNNY
オリオンなぞりたかった!なぞりたかったよ!!(雨でした

31.ヨナカジカル / たまきとゆみね / ステラのまほう
WATERの終わりの始まりとして。

32.Farewell Song / Lia / AIR
朝にこの曲をかけるのが夢でした。
とにかく、今回は終了時の朝焼け狙いだったのですがあいにくの雨で終了時も暗いまま…
数日前に5:30に起きて空をみたら、少しだけ遠くの空に光が見えたのでいけるかな?
と思ったのですが…
いやー、そううまくはいかないものですねw

とにかく最初から「WATER!!ドラムン!!」ということで考えていて、楽曲もそのあたりを中心にそろえていました。
が、当日の雨でもっと色々やらないとかなと前半は走り気味の選曲になっています。
いつも通りとも言いますが…

と、反省点を上げればキリはないものの、みなさまのおかげで楽しくやれました!
リアニメーションは、次回(来年?)も既に計画されている模様です。
狼煙が上がったら、またよろしくお願い致します。

ありがとうございました!!

[カテゴリ:DJ] - [コメント:0]
2017-07-05(水) 01:54:20

Re:animation10 おつかれさまでした&セットリスト

20170705-reani10_spacetime.jpg

Re:animation10、おつかれさまでした。
非常に暑い2日間でしたが、多くの方にご来場いただき本当に嬉しく思っています。

過去に類を見ない規模で開催された今回のリアニメーション、いかがでしたでしょうか。
当日までは数々の心配ごとがありましたが、いざ当日になってみると都市で開催されていた頃には経験できなかった開放感がありました。

もちろん都市でやっていた頃には都市の良さが(それも、これでもか!というぐらい)あったのですが、今回のリアニは回を増すごとに増える参加者数に対して1つの回答を出せたのではないかと思っています。

今回も僕はステージ全体の統括として動いていたのですが、各フロアを最後まで守り通してくれたステージスタッフのみなさんには感謝しかありません。また、PA業者のみなさまにも非常に助けて頂きました。
そして数々のお願いごとや当日の流動的な予定などに対して、快く、そして前向きに対応頂き、その上で最高のプレイを見せて頂いた出演者の皆様にも本当に感謝しております。

初日は全てが手探りで運営チーム含めずっとバタバタしていたのですが、2日目はそれらの問題点にひとつひとつ対処して臨んたこともあり、非常に安定した1日を過ごすことができました。もちろん全てが最初からうまくいけばそれに越したことはないのですが、やはりやってみないとわからない部分も多く、現場で浮き出してきた問題に対して迅速かつ確実に対応できたことは今後につながるものだと確信しています。

…さて、今回の自分はDAY1セカンドフロア(jumeauxフロア)のトリということで「なんかこう、いつもより少し突っ込んで、それでいてエモいやつを」みたいなコンセプトで望みましたが、いかがでしたでしょうか。
下記に恒例のセットリストと解説を記載致しますので、ご興味のある方は是非に。

—-
Re:animation10 DAY1 spacetime[45min]
01,RHYTHM EMOTION / TWO-MIX / 新機動戦記ガンダムW
02,アニメじゃない ~夢を忘れた古い地球人よ~ / 新井正人 / 機動戦士ZZガンダム
03,MEN OF DESTINY / MIO / 機動戦士ガンダム0083

何から始めようか、みたいなところはずっと悩んでいたんですが直前のユウキカオルさんが90年代ガンダム進行で完全に煽りモードだったので、これはもうガンダムで行くしかないんじゃないかな…という。
流したかったポイントは5曲目のコンディショングリーンだったので、そちらに向けてガンダム楽曲数曲をかけてアプローチしました。

04,アクティブ・ハート / 酒井法子 / トップをねらえ!

至高のイントロ。すごい好きなんです。

05,コンディション・グリーン ~緊急発進~ / 笠原弘子 / 機動警察パトレイバー

お台場、ですからね!パトレイバーかけないと!!
ということで。
ちなみに、4月に笠原弘子さんのベストアルバムが出たのですがリマスタリングにより音質がめっちゃ向上していたのでそちらを利用させていただきました。

06,うしろゆびさされ組 / うしろゆびさされ組 / ハイスクール!奇面組

元祖(?)、踊るOP。
音楽と映像の融合度の高さが最高なのです。

07,PLANET DANCE [Duet Version] / Fire Bomber / マクロス7

「さあ始まるぜ SATURDAY NIGHT 調子はどうだい?」

08,Re:Re: / ASIAN KUNG-FU GENERATION / 僕だけがいない街

Re:animation、なので。(こじつけ?

09,STORYWRITER / SUPERCAR / 交響詩篇エウレカセブン

これも永遠のアンセムかなあと。

10,KOI NO UTA / 北白川豆大(cv藤原啓治) / たまこラブストーリー

藤原啓治さん復帰おめでとうございます!!!!!

11,ぼくのフレンド / みゆはん / けものフレンズ

潮風公園と、あのEDの空気感がなんとなく一致しているような気がして。

12,ウィッチ☆アクティビティ / KMM団 / ウィッチクラフトワークス

テクノポップ路線にしたくなると、いつも入れてしまう名曲。

13,恋する図形 (cubic futurismo) / 上坂すみれ / この美術部には問題がある!

アニメの話じゃないけど、ヤバい○○がヤバすぎましたね…

14,ワンダードライブ / ORESAMA / アリスと蔵六

翌日ゲストのORESAMA楽曲。
アリスと蔵六は、自分にとってあまりにも特別な作品なので必ず入れようと思っていました。
(どう特別なのかは、個別に聞いてくださいw)

15,misterioso / Kalafina / 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語

野外に似合いそうなのでいつも持っていっていたのですが、今回やっと使えましたね。

16,僕らの戦場 / ワルキューレ / マクロス⊿

いけないボーダーラインでも破滅の純情でもない曲を使いたかったんです。

17,不死鳥のフランメ / マリア・カデンツァヴナ・イヴ (日笠陽子) x 風鳴翼 (水樹奈々) / 戦姫絶唱シンフォギアG

シンフォギアも始まりましたね!
練習していたら、僕らの戦場からあまりにもシームレスに入って軽く感動していました。

18,Tulip (M@STER VERSION) / 速水奏 (飯田友子), 塩見周子 (ルゥ ティン), 城ヶ崎美嘉 (佳村はるか),宮本フレデリカ (高野麻美), 一ノ瀬志希 (藍原ことみ) / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

最近のアイマスで1番好きな曲、かな?

19,REASON TRIANGLE / QUADRANGLE / ジョーカー・ゲーム

これもめっちゃカッコよくて使えるタイミングをずっと伺っていました。

20,Reckless fire / 井出泰彰 / スクライド

ID-0の前はこれでしょう!!!

21,ID-0 / 佐咲紗花 / ID-0

2017春アニメOPの個人的優勝楽曲。
初めて聞いた時、「これは10年戦える楽曲じゃないか!!」と震えたものです。
アニメもおもしろかったなあ。

22,stone cold / FictionJunction / セイクリッドセブン

お気づきの方も多い方思うのですが、間奏後の3番から入れています。
stone coldは本当に大好きな楽曲なのですが、自分が感じる素晴らしさを最も表現できる箇所をピックアップしました。

23,Enigmatic Feeling / 凛として時雨 / PSYCHO-PASS2

PSYCHO-PASS2、なんとなくお台場感あるなあって。

24,言ノ葉 / ピコ / 刀語

夕暮れ時に似合いそうな曲、ということで。

25,少女交響曲 / Wake Up, Girls! / Wake Up, Girls!
26,16歳のアガペー / Wake Up, Girls! / Wake Up, Girls!

WUG2制作決定おめでとうございます!!!!!
去年一気に見たんですが、めっちゃおもしろかった。

27,Agape / メロキュア / 円盤皇女ワるきゅーレ

今回のリアニは、dアニメストアで「円盤皇女ワるきゅーレ」を全話鑑賞するところから始まりました。
それぐらい、Agapeを使いたかった。
16歳のアガペーから入れる、というのもかなり前から考えていました。

28,ダイアモンド クレバス / シェリル・ノーム starring May’n / マクロスフロンティア

今までのリアニではひたすら上げる進行だったのですが、今回はセカンドということもあり少し変わったことをやろうということで倍ピッチでこの曲を入れようと思ったのでした。
夕暮れ時の時間帯にも合うかな、と思って。

29,so beautiful ;-)(edit) / 小松未可子 / ブブキブランキ

エモさ出すならfu_mouさんでしょう!!!
というわけで、めっちゃ好きなこの曲を使わせて頂きました。
ブブキブランキも熱い作品で面白かったですよ!!

30,星屑のインターリュード / fhana / 天体のメソッド

fhanaはどの曲も本当に好きなのですが、その中でも特に最高でキラキラしていると思うこの曲を。

31,ブルーウォーター (21st century ver.) / 森川美穂 / ふしぎの海のナディア

海、ですからね。
21st century ver.は、声から入るのが本当に綺麗。

32,恋愛の時空 / 折笠愛 / 天地無用!TV版

今回はブルーウォーターでおわりにしようかな、と思っていた部分もあるのですが準備中に「かけないんですか!!」「嘘でしょ!!」みたいに煽られたので入れてしまいました。
でもやっぱり、これをかけると締まるししっくり来るんだよなあ。
これからも、ずっとお世話になる楽曲です。

—-

と、いうわけで大変だったリアニ10も終わって一段落…
とか思っていたら今度はageHa?しかもクラウドファンディングが10日から開始!?

なんて話が出ているので、まだまだ僕らは休めそうにありません。
せっかくの機会ですから、やれるところまでやるしかないですね。

今後のRe:animationも、お楽しみに。

ありがとうございました。

[カテゴリ:DJ] - [コメント:2]
2016-12-28(水) 23:51:02

2016年 DJ履歴

2016年ももう終わりですね。
今年も関東を中心に東北から九州、北陸まで屋内屋外問わず色々なところでDJをさせていただきました。
ブッキングを頂いたオーガナイザー様、温かく迎えて頂いたイベントスタッフのみなさま、フロアに遊びに来て頂いたみなさまには本当に感謝しております。
来年も、全国各所まわっていきますので色んなところでアニメの話をしましょう!

と、いうわけで恒例の出演履歴です。
今年は22本でした。

=spacetime DJ History – 2016=
01/17 Ready 2 Beat – 渋谷asia
02/17 アキバ大好き祭り – ベルサール秋葉原
03/12 SUPER BREAK – 川崎 クラブチッタ
03/19 DJ AUTOさんと一緒 – 富山 LEVEL3
04/02 ANISON MATRIX!! – 秋葉原 MOGRA
04/16 ENCOUNT – 福井 creme
05/14 GSR CUP – 袖ヶ浦フォレストレースウェイ
05/29 ATTRAKTOR – 新宿 BUMP
06/18 Cメロから愛をこめて- 川崎 月あかり夢てらす
06/24 azitonic! – 新宿AZITO
07/10 Re:animation9 – 新宿 歌舞伎町シネシティ広場
07/17 H.A.P!! – 浜松 G-SIDE
07/18 90年代あにらじないと – 阿佐ヶ谷アニメストリート
08/10 アニゲのん – 渋谷 R-Lounge
08/21 Re:ANI x SENDAI – 仙台 元鍛冶丁公園
09/21 Anahera(GEKKO NIGHT) – 新木場 ageHa
10/02 聴覚彼女 – 中野 HeavySickZero
10/30 超爆音アニソンライブ – 渋谷 Contact
11/03 IIJ40 – 早稲田 茶箱
11/13 Nights of Rounds 3rd Anniversary – 渋谷 Glad & Lounge NEO
12/17 N-pod – 長崎 PLUSMIND
12/22 とらいあんぐる忘年会 – 熊本 とらい★あんぐる

ありがたいことに、来年も既に3件ほどDJをさせて頂く予定が決まっております!
各所でお会いする皆様、ぜひともよろしくお願い致します。

・2017/01/08(日) 21:00~ 熊本県熊本市 BARとらい★あんぐる
懐古しちゃうぞ!in熊本vol.3
http://twvt.me/kaikodj2017

・2017/01/22(日) 15:00- 渋谷 Space Odd
Re:animation Ex-tream
http://reanimationex01.peatix.com/

・2017/02/17(土) 13:30- 山口県周南市 LIVE rise SHUNAN
ヲタライズ Vol.2

[カテゴリ:DJ] - [コメント:0]
2016-08-25(木) 20:16:29

2016/09/21 新木場ageHa Re:animation Presents 「GEKKO NIGHT Bonus Track -The Ageha Plan-」

20160825-gekko.jpg

Event: 「Anahera」 BOX Floor
Venue: ageHa (Shinkiba)
Time: 2016/09/21 23:00 OPEN
Fee: DOOR 3,500yen / ageHa MEMBER 2,500yen / 20th PASS 2,000yen / Re:animation Guest Discount
*Over 20 years old only


2016/09/21(水/祝前日)。
新木場 ageHaにて開催されるトランスパーティ「Anahera」内のBOXフロアにて、『GEKKO NIGHT』という名のイベントが開催されます。

GEKKO NIGHT。
アニクラ周りで長く遊んでいる皆様は、聞いたことがある名前かもしれません。
また、参加したことがある方も多数いらっしゃると思います。
そのGEKKO NIGHTが今年、1度限り(?)の復活を遂げることとなりました。

2006年から2010年まで開催されていたGEKKO NIGHTは、あるアニメのオフ会を起点とするクラブイベントです。
その作品がクラブ文化を多く取り入れた作品で、かつメイン放送局での放送日時が「日曜日の朝」というクラブで遊んだ帰りにちょうど視聴できる時間帯だったことから、アニメファンはもちろんのこと多くのDJやクラバーに愛される作品でした。

主催の ちへ さんが行っていたオフ会から「クラブイベントをやってみよう!」といった話が出て、オフ会参加者の中からDJを募って開催されたのが第1回のGEKKO NIGHTだったと聞いています。

僕が初めて参加したのは第2回で、2007年の秋でした。
当時はまだその作品を視聴していなかったのですが、ちょうど別件でGEKKO NIGHTに出演するDJさんと一緒にイベントをオーガナイズする機会を控えており、イベント前にちゃんとプレイをお聞きしておかなければ、というのが参加の動機でした。
で、このイベントに参加するなら作品をちゃんと見ておかないとダメかな、と思い開催までの1週間で全話を通して視聴。イベントへの気合十分で参加しました。

特に知り合いと一緒に行くわけでもなく、フライヤーだけ握りしめて向かった会場前には信じられないほどの人数が待機列を作っていました。
多くはオフ会からの参加者で、ぼっち参加の自分は「大丈夫かな…」と思ったりしたのですが、会場に入場した直後からあまりに別次元なイベントの熱量にそんなことはすっかり忘却の彼方へ。

テクノ、ハウス、ディスコミュージックを基調としつつ、随所でアニメのニュアンスを漂わせるDJ陣の選曲。どんなジャンルの音楽でも最大のテンションで応じる参加者。どこを見ても満員のフロア。イベント全体から最大限に感じる作品へのリスペクト。
当時オタク層に向けたイベントを立ち上げて間もなかった自分にとって、この光景は本当に衝撃でした。
このジャンルを飛び越えた楽しさは、数多くの参加者は、この果てしない熱気は、どこから来るのか。一体どうしたら発生させられるのか。
イベント終了後、色々と思いを巡らせたものです。

そして、その熱量そのままに当時SNSの主流であったmixiに全体公開で「あのイベントに出たい!!」と書いたところ、なんと検索から辿ってきたちへさんに次回GEKKO NIGHTへのブッキングを頂いたのでした。

初めてDJ参加したGEKKO NIGHTはそれはもう気合を入れてド緊張の中DJをしたのですが、正直いままででトップを争うぐらいフロアへの訴求力が低いDJとなってしまったことを鮮明に覚えています。
しかしながら幸運なことに(というか、そのプレイも良かったと言ってもらったおかげか)、その次のGEKKO NIGHTにもDJとして参加できることになりました。

最初のGEKKO NIGHTでは色々な事を考えすぎた結果としてアニメ/ゲーム/テクノ/ポップスなどを色々と織り交ぜてプレイしたのですが、そのせいで内容が煩雑になり、自身の未熟さも伴って非常に中途半端なプレイになってしまっていました。

そこで「自分にできることは何か」と考えた結果、「自分が自信を持って語れる事だけをやろう」とアニソン1本に絞ってプレイしたのが自分の中で1つの大きな転機となりました。
その後はGEKKO NIGHTの最終回からRe:animationの流れに乗り、歌舞伎町でのリアニ第1回を経て現在の活動状況に至ります。

勘違い系CDJでの経験、茶箱で教わった先輩たちの言葉、自身のイベントで学んだオーガナイズ、秋葉原という場所に満を持して登場したMOGRAからの影響など色々な転機がありましたが、GEKKO NIGHTというイベントが僕に与えた影響はその中でもトップクラスのものだったと痛感しています。

そして、2016年9月。
そんな大きな経験をくれたGEKKO NIGHTがRe:animationプレゼンツとして復活。
幸いなことに、僕もDJとして名を連ねることができています。
アリーナで、GEKKO NIGHTでもスピンしたまゆりんちさんことPandoraさんがプレイされることも嬉しい限りですね。

アリーナ含めageHaという箱を体験したことの無い方は、この機会に1度その空間を体験してみる…なんていうのも面白い動機になるかと思います。
Waterフロアとかね、ほんと最初に見た時ビックリしたので。

僕は当時のことを思い出しながら、このイベントへの恩返しのつもりで今できるプレイを全力でお届けします。

10年後の「アゲハ構想」、お楽しみに!!

—-
当イベント「Anahera」ですが、オンラインよりどなたでも登録可能なディスカウントがあります。
こちらに登録頂ければ、なんとDOOR 3,500円が2,000円に。
遊びに行きたい!という方は、是非ともご利用ください。

『GEKKO NIGHT Bonus Track -The Ageha Plan-』Guest Discount 登録フォーム

=あわせてよみたい=
あれから10年。Re:animation Presents 「GEKKO NIGHT Bonus Track -The Ageha Plan-」決定!新木場ageHaで一夜の復活!

[カテゴリ:DJ] - [コメント:0]