• ◎ 余裕のない2019年記

毎年恒例のヤツですが今年を象徴するかのごとく余裕がないです。
そろそろ弟一家が攻め寄せてくる。 カズキおじさんがてんやわんや大騒ぎになるまでになんとかまとめたい。

—–

とはいっても今年って正直「エスプレイドΨ」だけで殆ど終わってしまった1年だったので
去年のような多種多様っぷりはちょっとだけ控えられているかなと。

■メガドライブミニをちょっとだけお手伝い
弊社の広報兼基板スペシャリスト兼プランナー兼メガドラミニディレクターの人が何度か死にかかっていたところを手伝いました。
作品としてはゲーム内のUIに表示されるフォント(文字)部分の出力周りを担当しました。
とにかく基板のスペックギリギリに押し込んでいるマシンだったのでメモリとの戦いでかなり切り詰めてました。

■エスプレイドΨ
1年かかりました。本当にお待たせしました。 おれ自身も20年以上移植を待ってた。
1年も掛けておりましたが、開発の後半から確実にスケジュールが間に合わなくて休日返上でなんとか間に合わせてやっておりました…。

・ゲーム内に新キャラを出す(従来基板プログラムを改造しまくって、基板の制限の中で無理やり出すので非常に難易度が高い)
・しかもそのキャラをボスとしても出す(ボスとしての動きやボス登場までのシーケンスなど大改造が必要で難易度がry)
・ゲーム内ビジュアルを2019版に一新(キャラセレとかランキングとか乱入時のミニキャラセレの絵とかを変える)
・新録ボイスを入れる(ボイスの選定とかセリフの収録とか初めてづくしでした。いい経験になったなと)
・いろりの部屋(存在自体が新要素)

と、今までのM2ShotTriggersのノウハウがほとんど効かない要素が満載だったので
仕様を決めるにも時間がかかるしUI仕様に落とすのも大変だしデザイナーが絶対的に足りなすぎるしで
メンバーかなりの休日返上で何とかギリギリ間に合ったってカンジでした…。

間に合ってからも、鶴の一声による発売日パッチの作成があったり、開発で忙しいって言ってるのに
2回もイベントをやってその度に開発の手が止まったりと過去類を見ないぐらいに地獄だったので、
無事に出てホントにホッとしております。

やばい弟が攻め寄せてきた
エスプレイドΨが落ち着いたあとも、ダライアスコズミックコレクションやってたりと年末までキリキリ働いておりました。
ちょっとだけ長め(12/26-01/07)の休暇を頂いて、来年もまた頑張っていきたいと思います。

去年の振り返りとリンク資料関連とかもう少しまとめて後でもっかい更新します。(年明けになっちゃいますが)
これから弟の家へ出頭し、甥や姪に引きずり回されてまいります。良いお年を(あと5時間ちょっとしかないけど)


COMMENTS

“余裕のない2019年記” に対するコメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。