• ◎ 焦る理由が無いのでとりあえず焦るな自分

いずれ赤目指すんだろうな 個人的にはTITANSより難しく感じる
とりあえずリフレク頑張ってます。 名前が黄色になりました。(一応こんなツール成績が残せるらしいので残しておく
稼働開始3ヶ月でプレイ回数が200回オーバーという、ここ最近の音ゲーとしては異例のスピードで進行中。
とりあえず解禁祭は一段落っぽいので、ココからちょっとペースを落として続けていくつもりです。
これから何かと出費がかさむ予感なので、ゲーセンで連コインも控えるようにしなくては。
積みゲーもめちゃくちゃ多い状態だしね。

毎日毎日クソ寒いですが、低湿度(超乾燥)のため髪がグニャグニャ曲がることもなく個人的には感謝したくなるほどだったり。
そんな季節もそろそろ終わろうとしておりますが…。ちょっと名残惜しいなぁ。

■【不定期連載】本日のアーケードゲーム

本日はG-LOC(1990 SEGA)です。
R-360の内蔵ゲームとしても有名な本作ですが、R-360版とは異なり
初級・中級・上級に分かれて制限時間内にステージノルマをクリアしていくミッション形式のゲームでした。
アフターバーナーとは異なり、爽快感重視と言うよりは結構緻密な操作を要求されるゲームだったり。
アフターバーナーと同じようなロックサイトと思って操作すると痛い目を見たりします(思いの外ミサイルが当たらない)

BGMはデイトナなどでお馴染み光吉さん。 難易度選択~チュートリアルの音楽が好きでした。(R-360でもベルト閉めろとか言ってる時に聞ける)

そしてこのゲームの印象的な点は上級よりもとにかく一番難易度の高いネームエントリー。(動画の6分50秒ぐらいから)
あの小さいタイプライターをスティック操作で文字選択するのですが、
上下左右自由に動きすぎて思った通りの名前が打てずに終了することも多々ありました。
もうこのゲーム見るたびにこのタイプライターがトラウマに感じるもんなぁ…。

次回はなんかドライブゲーあたりでもネタにしてみます。

今日はちょっと早めに寝る準備しよう。 これからシャワー浴びるけども。


COMMENTS

“焦る理由が無いのでとりあえず焦るな自分” に対するコメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。