• ◎ 弟からチャリもらいました

ありがとう弟(チャリ屋の社員)
これで少し動ける範囲が広がりそうなカンジで。

日比夫妻、交互連打の達人と今後の色々な企みについて作戦会議でした。
出来る限りのことは頑張っていこうと思います。
お陰様で今年の上半期はだいぶタスクが埋まりつつある状況になって来ました。
正直何もしていないと多分かなり欝っぽくなってくるんじゃないかと思うので、個人的にはありがたい限りです。
少しでもお役に立てられればと。

達人が健康診断でひっかかって参っちゃうよー的な話をしていて
「とりあえずいちばんサクっとポックリ行きそうなのはクボタだ」という結論で満場一致しました。
ちなみに健康診断の結果は毎年オールAです。 本人体調とか微妙なのよねーとか言ってても全然信ぴょう性がないという。
あと達人がヲレの睡眠時間聞いてドッぴきしてました。
まぁ墓参りにぐらいは来てくれると嬉しいカンジです。
墓あるかどうか分かんないけど。

あとはiPadでリフレク頑張ってみたけど、アーケードよりも格段に難しくカンジました。 つーか画面がちいせえ。
つーか接触判定がアーケードよりもかなり厳密になっているので「THE FALLEN」とか全くごまかしが効かず
大惨事なスコアが出て吹きましたww これはまぁ… あんまり本気で頑張らないほうが良さそうだなww

あとはなんだろ。
イロイロと言いたいことがあったんだけどうまくいかなくてヘコんでたぐらいかな。

■2011年3月11日「東北地方太平洋地震」に対する義援金寄付について (2012)

もう既に日が超えてしまいましたが、先日であの未曾有の大災害から丸1年が経ちました。
時が立つにつれて復興の兆しも少しづつは見えてきていることかと思いますが、
原発は相変わらずな状況ですし、1年だけではまだまだ癒えない傷も沢山残された災害ではないかと思います。

本年もわずかながらではありますが、サークルdropoutersとしての活動金と
sak、k-two、spacetimeのdropoutersメンバーから募った金額で合わせて3万円を
日本赤十字社を通し、被災地の復興として寄付させて頂きたいと思います。

我々dropoutersのような人間が被災地に対してできることは非常に少ないと思います。
ボランティアとして現地に行けと言われても、IT屋じゃ出来ることがたかがしれてますし単なるお荷物に過ぎないと思います。
我々ができることとしては、日本の経済を通していちはやく日本全体を活気づけさせることと、
わずかながらではありますが、被災地の復興に向けて義援金の寄付を行うことが精一杯ではないかと思います。

被災地の復興と、震災によって深い悲しみを背負った方々が少しでも気持ちを安らげるよう、お祈り致します。


COMMENTS

“弟からチャリもらいました” に対するコメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。